本文へスキップ

ウェディングプランナーへの道

ウェディングプランナーの仕事/ウェディングプランナー

ウェディングプランナー あこがれ

ウェディングプランナーの仕事

ウェディングプランナーの仕事

1から作り上げる 結婚式のクリエイター

日本では「ウェディングプランナー」という職種の規定がなく、資格もありません。

結婚式をプロデュースする人のことを、一般的にそう呼んでいるのです。

プランナーとしてのお仕事はまず、新郎新婦の結婚式に関する夢(ご要望)をヒアリングし、ウェディングスタイルをプランニングしていきます。

結婚式のご相談から始まり、装花や装飾などのコーディネート、食事のメニューやケーキの選定、ドレスなどのスタイリングの相談、結婚式当日のアテンドまでトータルプロデュースします。

お客様が理想とする結婚式を実現するための総合的なサポートを行います。

式場・会場の手配からはじまり、招待状・衣装・フラワー・料理・進行・ヘアメイク・引き出物…と結婚式・披露宴に関わるすべてを、お客様の要望を叶えながら手配します。

最近はホテルや結婚式場の他にレストラン、料亭、海外挙式、大自然の中…等、結婚パーティの形態も多様化しているので、ウエディングプランナー活躍の場も広がっています。

ホテルや式場、レストランに所属するケースと、ブライダルプロデュース会社に勤務するケースがあります。

ウエディングプランナーは、ブライダルコーディネーターとも呼ばれます。


ブライダルプロデュース(検定対策付)講座

ブライダルプロデュース講座
ヒューマンアカデミー通信講座

ブライダルプロデュース講座
ブライダルプロデューサーのお仕事は、新規接客業務から、挙式・披露宴当日まで、ご結婚されるお二人の理想をカタチにしていくお仕事です。