本文へスキップ

ウェディングプランナーへの道

ウェディングプランナーに必要な能力/ウェディングプランナー

ウェディングプランナー あこがれ

ウェディングプランナーに必要な能力

ウェディングプランナーに必要な能力

ウェディングプランナーとして必要なスキルは沢山あります。

ヒアリング能力、プレゼンテーション能力、プランニング力など様々。

こういった基礎的なスキルを身につけた上で、キャリアアップを目指す場合は、より高い提案力と営業力が必要になります。

プランナーはお客様と最初に接することになる新規接客業務。

多くのブライダル企業は営業力の問われる新規顧客獲得の成約率の高い人材を求めているのです。

また、プランナーは黙っていても依頼が舞い込んでくるようなお仕事ではありません。

お客様に自分を売り込み、どんどんご紹介をいただくことも必要です。そのための営業力も問われます。

お客様のほとんどは「思い出に残る結婚式を!」と憧れや思い入れをもっています。

ただ、理想とする結婚式は十人十色。同じ結婚式はないと言っても過言ではありません。

ですから、それぞれのお客様がイメージする結婚式をじっくり聞き出せるコミュニケーション能力は不可欠。

また、しきたりの多い結婚式に携わる仕事なので、ウエディングプランナーは身なりから言葉遣い、礼儀作法まで、しっかりとしたマナーが要求されます。

ただし、マナーに気を遣いつつも、堅苦しくなるのは禁物。

気さくで話しやすいこと、信頼感があることも重要な要素です。

結婚式という夢を実現してあげるプランナーには、お客様を喜ばせたい、感動していただきたい、といったホスピタリティーも欠かせません。

ヘアメイク、装花、ドレス、引き出物業者、司会…と関係部署・業者への手配連絡も多く、さらに同時進行で数十組のお客様を担当するので、スケジュール管理能力、調整力も求められます。

結婚式に不手際は許されませんので、各備品の入念なチェックや進行上のトラブル回避、機材点検…等、緻密なチェック能力も必須条件です。


ブライダルプロデュース(検定対策付)講座

ブライダルプロデュース講座
ヒューマンアカデミー通信講座

ブライダルプロデュース講座
ブライダルプロデューサーのお仕事は、新規接客業務から、挙式・披露宴当日まで、ご結婚されるお二人の理想をカタチにしていくお仕事です。