本文へスキップ

ウェディングプランナーへの道

ウェディングプランナーになるには/ウェディングプランナー

ウェディングプランナー あこがれ

ウェディングプランナーになるには

ウェディングプランナーになるには

ウェディングプランナーは、人々の最も華やかな舞台を演出する仕事であり、特に女性を中心に人気が高く、そのため就職の競争率も大変固い職種です。

ウェディングプランナーとしてお仕事をするときに、必要となる資格は特にありませんが、未経験で就職活動をするよりも、最近ではブライダル関連の学校や資格などもポピュラーになってきていることを考えると、資格取得は大きな武器になることは間違いないでしょう。


2003年から全米ブライダルコンサルタント協会(Association of Bridal Consultants、以下、ABC協会)が定める、「日本におけるブライダル産業の向上発展に貢献する人材の育成」を目的とした資格を日本で取得できるようになった為、ABC協会が認定する資格取得を考慮する式場なども増えています。

特に資格取得を特に考慮していない式場などでも、同程度のヒューマンスキルである場合、資格取得者が有利になる事も多いでしょう。

かつては、知識や経験のない人材を、時間をかけて教育をしていくということが、ブライダル業界に限らず、どんな業界でも当然のことでしたが、今では即戦力を求める傾向が強くなっています。

ウェディングプランナーを目指すのであれば、何より学習することが一番の近道ですね。

現在、ウェディングプランナーとしてお仕事をされているスタッフにも、資格取得を勧めている式場なども多いようです。

いざ就職先を探そうとしても、求人情報誌などにウェディングプランナーの求人は出ている事は稀です。

ご自身で式場のホームページなどを探し、リクルート情報を入手する事が必要です。

あるいは、ウェディングプランナーとしてスタートするのではなく、ウェディングのその他のスタッフ(配膳など)として式場などでお仕事を経験し、通信講座などで学習し資格取得してのちに、ウェディングプランナーを目指す方も多いようです。


ブライダルプロデュース(検定対策付)講座

ブライダルプロデュース講座
ヒューマンアカデミー通信講座

ブライダルプロデュース講座
ブライダルプロデューサーのお仕事は、新規接客業務から、挙式・披露宴当日まで、ご結婚されるお二人の理想をカタチにしていくお仕事です。